本文へジャンプ


苔の種類別に分類したクローズアップの写真集です・画像をクリックして下さい



HP、出版物へのご利用はお問い合せ下さい


ハイゴケ  山苔 
(アラハシラガゴケ)
山苔 
(ホソバオキナゴケ)
這苔・図鑑 
苔玉、庭園材、テラリウム、水沈栽培など用途は多い。乾燥してもフワフワとボリュームがあるためディスプレーなどの装飾素材にも利用。
粗葉白髪苔・図鑑 
庭園材、苔玉、正月飾り、装飾素材に使われ、粉砕して土壌改良にも使用される。比較的生育が早く育てやすい。
細葉翁苔・図鑑 
山苔というと主にホソバオキナゴケだったが、里山が荒れたことで入手が難しくなった。盆栽の下草や庭園材、苔玉、苔盆景など。生育は遅い

スギゴケ  コスギゴケ   タチゴケ  
杉苔・図鑑 
大型で直立するため庭園の石材に映え、庭園材としてもっともよく使われる。主にオオスギゴケ、ウマスギゴケ。
小杉苔・図鑑 
以前は杉苔として扱われていたが、徒長抑制の必要がなく、杉苔より小型であるため、杉苔とは別に扱われている。
立苔・図鑑 
杉苔の仲間だが丈は短く、生育密度もあり、育てやすい。

ヒノキゴケ    コウヤノメンネンゴケ  カサゴケ  
桧苔・図鑑 
安定した湿度を好む。京都では庭園材として多く使われる。嵯峨野の祇王寺は有名
高野之萬年苔・図鑑 
庭園では水辺など比較的空中湿度の安定した場所に植えられる。テラリウム、苔盆栽など。
傘苔・図鑑 
水沈栽培、水中花、テラリウム。用土の乾草に注意すれば育てやすい。

シノブゴケ    カモジゴケ     ギンゴケ   
忍苔・図鑑 
日陰性で安定した空中湿度を好む。環境が安定しているアクアテラリウムなら育てるのも容易。
髢文字苔・図鑑 
シッポゴケとして扱われていたが、数年前から分けて使われるようになった。育てやすい。
銀苔・図鑑 
アスファルトやブロック塀など都会で普通に見られる。地域によっては苔盆栽などに使われる。

コツボゴケ    スナゴケ   タマゴケ  
小壺苔・図鑑 
半日陰で安定した湿度を好む。ほふく性で生育密度があるため、庭に密生すると美しい。
砂苔・図鑑 
河原や石垣の窪地に群生する。好日性だが朝露、夜露があたるようなところを好む。日中の水やりは厳禁
玉苔・図鑑 
春先に付けるサクが丸く、日陰地を好むものの葉色も黄緑色で明るく美しい。

ハマキゴゴケ  ホウオウゴケ   ミズゴケ  
葉巻苔・図鑑 休止
市街地でもコンクリートの壁面に普通に生える。小型であるため用途は限られる。
鳳凰苔・図鑑 休止
日陰地の湿地あるいは水が流れるような岩場にコロニーを作る。テラリウム。
水苔・図鑑 
土壌改良材の用土として乾燥した物が売られている。テラリウムで使われる。

ヒロクチゴケ   ツヤハイゴケ   ゼニゴケ  
広口苔・図鑑 
畑の土が軟らかいところによく見られる。園芸として使われることはあまりない。
艶這苔・図鑑  休止
ツヤゴケやアオギヌゴケなどほふく性でツヤのある苔の総称。丈夫で市街地でも育てやすいことからハイゴケの代用として庭園や苔玉等の作品に使われる。
銭苔・図鑑 
庭園では嫌われ者だが、テラリウム等で使われることもあるため熱帯魚店などで販売することもある。


コバノチョウチンゴケ
シッポゴケ                  
品名
品名