HPのトップへ戻る
苔図鑑
苔の通販
通販商品の一覧
苔園芸 植付と管理
苔のクローズアップ
苔散策・街散歩
道ばたの苔
庭園の苔
モスプラン圃場の植物
通販からのお知らせ


コツボゴケの植付け


                   日光山内のコツボゴケ 
■コツボゴケとその植え付けのポイント
  低地から山地の林の縁などで普通に見られる苔で、日陰の湿った地上や石垣に大きな群落を作ります。春から夏にかけて匍匐茎が長く伸び、黄緑色の美しいマットをつくるものの、暑い時期の蒸れや乾燥に弱く変色しやすい。秋からの生育は春に比べると少なく、夏に傷んだ茎葉の回復はあまり期待できない。冬、特に寒風にさらされると茎葉が矮小化する。
移植場所は日陰地から半日陰地で風通しの良いところ。夏に生育障害が起きやすく、特に風通しが悪く気温が上がると蒸れをおこします。陽の当たる場所では焼けを起こすので、夏の環境を考慮して植え付け場所を選んでください。

■排水性の良い土作り 
@ 充分に耕した表土に通気性、保水性を良くするような改良用土(赤玉土細粒、川砂、バーミキュライトなど)を加え充分に混和します。深く耕す必要はありませんが、水が溜まらないよう水はけは良くして下さい。ここにコツボゴケをはります。

■コツボゴケの準備

密生したマットは広げるように使います
A まずコツボゴケの準備をします。ほふく性のコツボゴケは密度があり、形を崩さずマット状に剥がすことができます。

B ほふく性のコツボゴケは横へ広がるように成長するので、マットが密生しすぎると成長の余地がなく、新しい脇芽も育ちにくくなります。密生したコツボゴケはそのまま植えるのではなく、元のサイズの1.2倍ぐらいに広げてやります。厚みのあるマットであれば少しずつ引っ張って広げることができます。薄い物であれば5〜10cm位の大きさにちぎって、苔と苔の間を少し開けるようにして表土に並べます。下の画像はちぎって並べたものです。

はりゴケ作業
コツボゴケを敷き詰めるやり方で、仕上がりが美しく造園では一般的な植え付けです。  

C適当な大きさのコツボゴケを、伸ばすように広げて敷き詰めます。隙間なくはるのではなく、少しあいだをあけるようにします。ほふく性のコツボゴケは、土があまり付いていませんから、踏み付けただけでは表土と密着はせず、簡単に剥がれてしまいます。風や降雨で動くようでは生育できません。しっかりと固定する工夫が必要です。


薄く目土を入れます
直立する茎もあるため、一回の目土
の量は1u当たり10リットル程度と少し
多め。
D 表土への定着には目土(めつち)を重石(おもし)代わりに
使います。目土を被せ、その重さでコツボゴケが簡単には動か
ないようにします。目土はコツボゴケの中まで入り込むようにま
き、葉が1〜2cm出るくらいに被せます。たっぷりと散水すること
で目土が落ちつきマットが安定します。
目土の効果について・・・目土は重石としてだけでなく、もちろん
保湿と日照調整の効果もあります。目土を被せることで表土
からの露出を少なくし、乾燥や強い陽射しからの影響を小さく
することができます。また湿度が安定するため、旺盛な発芽が
期待できます。
目土には、新芽の生育を詐害しないよう軽く通気性のある素
材を使います。鹿沼土細粒、赤玉土細粒、バーミキュライト、
ピートモス、良質な土、川砂などを使います。

■ 管理
目土・・・・表土の乾燥と強い陽射しを防ぎ、発芽を促します。施工後も必要に応じて目土してください。

散水・・・・土は水はけを良くしているので、水のやりすぎの心配はありません。朝と夕方にたっぷりと与えます。蒸れを起こすので暑い夏、日中の水やりは控えます。

除草・・・・雑草の芽が小さいときにこまめに取り除いてください。ゴム草履のような底の平らな履き物で作業し、苔を踏み付けるのは最小限にします。雑草の芽が一斉に発生した場合は除草剤(プリグロックスL)を使います。コケに薬害が出ますので曇った日に通常より薄めて(150倍程度)使い、コケには集中的に掛からないようにします。

越冬・・・・雪や寒さには強いのですが、乾燥した寒風で葉や茎が矮小化しマットの厚みも無くなります。この時期の水やりは必要なく、暖かくなるまで置いておきます。春先、霜柱などで持ち上がった苔は踏み付け鎮圧し、目土を入れます。

■ 育てやすいコツボゴケ


日陰の石垣によくみられます
日陰で湿潤を好む苔は水のやり過ぎの心配が無く、日陰であるため日照管理もほとんど必要としません。暖かくなると生育も早く、植える場所さえ間違えなければ育てやすい苔です。

管理のポイントは・・・
寒さに強いが暑さに弱いのがコツボゴケ。湿度を好む苔ですが、「暑さ+湿度」には弱く、ヒートアイランドで昼夜暑い都会では、日陰でも風通しが悪いと蒸れをおこす危険があります。必要以上の水分が溜まらないよう土壌の水はけは良くします。厚く密生して蒸れるようなところは適当に剥がします。剥がしたコケは「たねゴケ」として利用します。