HPのトップへ戻る
苔図鑑
苔の通販
通販商品の一覧
苔園芸 植付と管理
苔のクローズアップ
苔散策・街散歩
道ばたの苔
庭園の苔
モスプラン圃場の植物
通販からのお知らせ

スナゴケ解説

                   石垣に自生するスナゴケ 乾燥しやすい場所でも良く育ちます

■スナゴケとは
■スナゴケの基礎
 スギゴケ、ハイゴケと並んで需要の多い苔で、生産されている苔の一つです。山取も多く流通しています。
 河原のような陽の当たる場所でも良く育ち、乾燥に強く剛健。
庭園材として陽当たりの良い庭に使われます。また壁面緑化、屋上緑化、テラリウム、苔盆栽などにも利用されます。 屋上緑化素材として注目されたのは、その剛健さから。

 画像はスナゴケの屋上緑化
 


■良いスナゴケとは

 徒長するため、庭植には短めのものを使います。細く伸びたものよりは、太く生え揃っているもの。長く伸びたら苔の頭をハサミでカットします。
日陰で育つと緑色が濃くなります。明るい黄緑色は陽の当たるような場所で育った苔で、乾燥に強く丈夫です。

画像は理想的なスナゴケ

 

■スナゴケの入手方法
 通販で入手できます。パレット、ポット、パック、段ボール入りなど用
途に合わせて入手できます。
 採取する・・・河原のように開けた場所で砂地に群落を作ります。砂
地のテニスコートで、長く放置されたようなところでも大きな群落を見つ
けることがあります。
 花木センター、ホームセンター、園芸店など・・・パック商品のほかに、
パレットで置かれています。

画像は河原のスナゴケ


■殖やし方 まきゴケ法

まきゴケ法
少量のたねゴケで殖やすことができます。乾燥や日照に強いため、まきゴケで殖やすのは容易。お勧めです。

画像は機械での粉砕

■庭への植え付け
はりゴケ法が一般的です。土壌の水はけを良くするために川砂やバーミキュライト、鹿沼土、赤玉土などを充分に混和します。スナゴケを並べたら川砂を目土にして薄く撒きます。

まきゴケならば育苗箱にたね苔をまいて、6ヶ月以上育ててから植え替えるようにします。


ハイゴケの庭園・東京日暮里

■装飾素材・ディスプレー素材

乾燥すると瞬時に葉を閉じてしまうため、装飾には適しません。


■スナゴケの保管
入手したスナゴケを保管します
 庭園材・・・・箱に入ったものをそのまま置くのは蒸れを起こします。特群れには弱い苔なので箱に入れたままの保管は避けて下さい。陽の当たる場所や車内、暖房のきいた部屋などは冬でも短時間で蒸れをおこします。
 パック商品・・・・密閉されたパック商品は長期保管ができません。冬で冷蔵庫に入れることをお勧めします。常温で置くときはパックの蓋を開け、風通しの良い日陰におきます。乾燥しても水はやりません。 
 パレット、ポット・・・・風通しの良い日陰に並べ、通常のとおり水やりをします。冬ならば乾燥させてから重ねて置くこともできます。梅雨時は長く保管せず、早めの植え付けてください。 


管理しやすいスナゴケパレット