HPのトップへ戻る
苔図鑑
苔の通販
通販商品の一覧
苔園芸 植付と管理
苔のクローズアップ
苔散策・街散歩
道ばたの苔
庭園の苔
モスプラン圃場の植物
通販からのお知らせ

コツボゴケ解説

                   土手の草むらに自生するハイゴケ

■コツボゴケとは
■コツボゴケの基礎
 苔庭によく利用されます。日陰で湿度が安定した場所に増えやすく、多くは庭園の施行時に植えられたものではなく、自然に生え、時間を掛けて広がったものが多いようです。半日陰〜日陰地で安定した湿度が保てれば失敗無く育てやすい苔です。苔玉にも使われます。腰水に浸した状態でも水のやりすぎにはならないため、乾燥した室内でも良く育ちます。最初の苔玉つくりにはコツボゴケがお勧めです。テラリウムやアクアテラリウムにも同じ理由で適しています。
 冬は乾燥と低温で草姿は細くなり、葉はかなり矮小化します。葉の色も緑が濃くなります。春になり、雨が多くなると旺盛に丈を伸ばし、日陰地でも黄緑色の明るい葉色になります。草姿が細い冬と、生育期とでは大きく印象が違います。
 風通しの悪い場所で温度が高いと蒸れを起こしやすく、注意が必要です。ヒートアイランドで気温が上昇する市街地では、温度管理も大事です。夏は日陰で風通しの良い環境を作ります。
 


■良いコツボゴケとは

 細く伸びたものよりは、太く生え揃っているもの。色は緑の濃いものより黄緑色。生育密度のあるものが良いコツボゴケです。冬はマットが薄くなり、葉も矮小化するため見栄えは良くありませんが、全体に緑が広がり、枯れむらの少ないもの。暖かくなれば良く育ちます。
画像は理想的なコツボゴケ
 

■コツボゴケの入手方法
花木センター、ホームセンター、園芸店など・・・店舗ではほとんど扱
われていません。
通販で入手できます。パレット、ポット、パック、段ボール入りなど用途
に合わせて入手できます。
採取する・・・里山や日陰の畦道、土手や林の縁に普通に見られる
苔で、ハイゴケなどとともに最も採取しやすい苔です。枯葉や腐葉土
が溜まるよう林の中ではみられません。

画像は通販のポット商品
 


■殖やし方 まきゴケ法

まきゴケ法
少量のたねゴケで殖やすことができます。植木鉢やプランターで殖やすのであれば、手でほぐす程度に粗いものをたねゴケにします。たねゴケの量が多いときはコケは適度に乾燥させ、粉砕機やミキサーを使います。

■庭への植え付け
植え付けは「はりゴケ法」が一般的です。水はけをよくした土に苔のマットを敷いて軽く鎮圧し、目土を入れます。コツボゴケはほふく性の苔で、横に広がるように育ちます。密度のある苔マットは植え付けてからの新芽を伸ばす余地がありません。新芽を育てるためには密生したマットを1.2倍くらいに引き伸ばして密度を疎にします。新芽が育つ隙間を作ることで、新芽も均一に生え揃ってきます。


日光市個人宅 コツボゴケ

■テラリウム、アクアテラリウム

湿潤な場所を好む苔なので、アクアテラリウムのように過湿な状態になっても根腐れなどせず良く育ちます。黄緑色の明るい素材です。


■コツボゴケの保管
入手したコツボゴケを保管します
 庭園材・・・・箱に入ったものをそのまま置くのは蒸れを起こします。特に陽の当たる場所や車内、暖房のきいた部屋などは冬でも短時間で蒸れをおこします。一時的であれば蓋を開けて風通しの良い日陰に置きます。長く保管するときは箱から出し、風通しの良い日陰にならべます。乾燥させないように水やりをします。水やりと乾燥を繰り返すようであればかえって苔には良くありません。水やりをしてもすぐに乾燥するようであれば、風通しの良い日陰において水やりはせず、適度に乾燥させておきます。早めに植え付けてください。

 パック商品・・・・密閉されたパック商品は長期保管ができません。冬でもとりあえず冷蔵庫に入れることをお勧めします。常温で置くときはパックの蓋を開け、風通しの良い日陰におきます。乾燥しても水はやりません。 
 栽培ポット・・・・鉢植えと同じです。風通しの良い日陰に並べ、乾かないように通常のとおり水やりをします。ポット商品は店舗での管理に適しています。

全ての管理に共通していますが、湿度が高く温度が上がると蒸れたりカビが発生します。特に梅雨時は空中湿度が高いため、乾燥させた苔でもカビが発生します。基本的には風通しの良い日陰に置きます。苔が良く育つのが梅雨の頃ですが、カビや蒸れなどで保管が難しいのもこの時期です。梅雨から夏の時期は長く保管せず、早めに植え付けてください。 


梅雨時にカビが生えたハイゴケ


日光山内